お客と言う立場を忘れたんです

お客と言う立場を忘れたんです

素晴らしいサービスではありますが、あくまでもお客と風俗嬢という関係は忘れた事はありません。どれだけ相手に感情移入してもそこは最低限のラインだと思っていたんですけど、この前のデリヘルはそんな自分の境界線を思い切り打ち破るような女の子との時間となりました。外見というよりも雰囲気です。とっても軟らかい雰囲気で、癒し系といったところでしょうか。話しているだけでついついドキドキしてしまうような女の子との時間は、時間と共にどんどんのめり込んで行ってしまって、もはやお客という立場ではなく、彼女に魅了されている一人の男として楽しんでしまいました。でもそれくらいのめり込めたので自分としても満足感でいっぱいです。あれは本当に最高でした。あれだけの時間を過ごせただけでもその日デリヘルを利用した価値があったんじゃないかなって思っています。やはり時には我を忘れて楽しむことも快感だけではなく、精神衛生上大切だなって思いました。

投稿日:2016年10月19日

最新記事一覧